尿のトラブルはリハビリで解消|病院で尿漏れ改善トレーニング

赤外線で血流促進

看護師

赤外線暖房活用の注意点

尿漏れを防ぐためには体温が高くなっている状態をできるだけキープしておく事が大切です。体温が高い状態では尿道が開きやすくしっかりと尿をきる事ができ、排泄時の尿漏れを防ぐことができます。また尿漏れ以外にも頻尿によるトラブルも併せて改善する事が可能です。赤外線を活用した暖房による簡易的な治療を行う時には、足の指先や手の指先などを重点的に温める事が大切です。手足の先端には末端神経や毛細血管が張り巡らされており、この部分の体温を赤外線において持続的に上げて代謝をよくすることで尿漏れを防ぐことができます。手足の冷えと尿トラブルという、一見すると何の関連性もないようにも感じる双方ですが実は関連深い要素なのです。尿トラブルで悩んでいる場合には身近にある暖房機器を活用して冷えを改善してみましょう。

赤外線による治療を活用

冷え由来の尿漏れ以外の尿漏れに悩んでいるのであれば、一人で抱え込まずに病院に相談するのが大切です。尿漏れというと恥ずかしいトラブルであると考え、他人には相談しづらいと思う人は多いです。しかし、尿漏れが原因で外出しなくなったり、気持ちが沈んでしまうケースもあるので、生活を明るくするためにも尿漏れの治療は必要です。尿漏れには、腹圧性、切迫性、溢流性、機能性の4タイプがあります。おのおの原因が異なるので、まずはどのタイプの尿漏れを患っているのかチェックしましょう。女性に最も多いと言われるのが、腹圧性の尿漏れで、女性の4割近くが悩んでいると言われます。高齢化や出産をきっかけとして、発症する人も多いので、まずは腹圧性尿漏れを疑ってみましょう。