尿のトラブルはリハビリで解消|病院で尿漏れ改善トレーニング

高齢者と女性に多いもの

カウンセリング

尿漏れとは、自分で意識していないにも関わらず尿が漏れてしまう状態のことを指します。その多くは少量の尿漏れになりますが、場合によっては大量に漏れてしまうこともあります。加齢によって尿漏れが起こる可能性が徐々に高くなってくるため、高齢者に多く見られます。高齢者以外では男性よりも女性に多く発生します。高齢者と女性に多く見られる尿漏れは、腹圧性尿失禁と呼ばれるものです。これは、くしゃみや咳をした時などに、腹圧が高まることで発生します。くしゃみや咳以外では、重いものを持った時、笑った時、階段の上り下り、立ち上がった時などに見られることもあります。走ったり、スポーツをすることでも起こり得ます。そして、睡眠中には起こらないのが特徴となります。

腹圧性尿失禁は、高齢者と女性に多く見られる尿漏れですが、その原因となるのが骨盤底筋という筋肉が弱くなることにあります。骨盤底筋とは、骨盤の内部の一番そこの部分に存在している膜のような筋肉です。骨盤底筋の上には子宮や膀胱などが存在します。骨盤底筋の役割はこれらの内臓を支えることです。なので、この筋肉が弱くなることで内臓全体が下がり、膀胱や尿道などが圧迫されることになるのです。常に圧迫されている状態なので、些細な圧の増加でも尿漏れを起こしてしまうことになります。腹圧性尿失禁の改善のためには、骨盤底筋の筋力アップさせる必要があります。最も簡単な方法は、排尿の最中に力を入れて排尿を一時的に止めることです。この方法であれば、骨盤底筋を直接鍛えることができ、毎回のトイレの最中に行うだけで済むのでとても簡単です。