尿のトラブルはリハビリで解消|病院で尿漏れ改善トレーニング

尿もれトラブルの対処

診察

自らが意図していない尿漏れトラブルは、衣類汚染によって皮膚炎が発生する危険まであります。尿漏れと向き合うためにも、病院での精密検査が必要です。尿漏れ防止トレーニングや薬物治療などを継続して、尿漏れトラブルを解消しましょう。

詳しく見る

高齢者と女性に多いもの

カウンセリング

高齢者と女性に多い尿漏れを、腹圧性尿失禁と言います。咳やくしゃみなどで腹圧が高まることで発生します。原因は骨盤底筋が弱くなっていることにあります。排尿の最中に排尿を一時的に止めるという方法で骨盤底筋を効率よく鍛えることができます。

詳しく見る

骨盤底筋を鍛える方法

ガッツポーズのナース

尿トラブルの治療法

尿トラブルの治療法として、骨盤底筋トレーニングが行われている。骨盤底筋トレーニングを行うことにより、骨盤底筋を鍛えることができる。骨盤底筋が強化されると、尿漏れや尿失禁などの尿トラブルが改善する。骨盤底筋トレーニングは正しい方法で行うことが必要である。自己流で行なっても効果は期待できないので、専門家の指導を受けることが必要になる。泌尿器科の病院では尿漏れ対策として、骨盤底筋トレーニングの指導を行なっている。骨盤底筋トレーニングを行うことによって、薬を服用しなくても尿漏れを治せる。骨盤底筋トレーニングは、尿漏れの治療法として人気が高く、今後も泌尿器科の病院で骨盤底筋トレーニングを受ける人は増加すると予測される。

骨盤底筋を強化する方法

骨盤底筋を強化することは、尿漏れ対策につながる。骨盤底筋トレーニングを行うと骨盤底筋が強化され、尿漏れや尿失禁の症状が改善される。骨盤底筋トレーニングのやり方は、泌尿器科の医師から指導を受けられる。骨盤底筋トレーニングは、自宅で簡単に行うことができる。とても単純なトレーニングであるが、骨盤底筋を確実に鍛えられる。骨盤底筋トレーニングは1日10分程度のトレーニングでも、尿トラブルの改善の効果が期待できる。骨盤底筋トレーニングは、出産直後の女性の尿漏れ対策としても有用である。出産直後の女性は骨盤底筋が緩んでいるため、尿漏れを起こしやすい。骨盤底筋トレーニングを行うことによって、女性の産後の尿漏れを改善できる。

赤外線で血流促進

看護師

体温の高い状態を保つことで尿切れを良く出来るので、結果尿漏れ防止にも繋がります。暖房などを活用して、身体を温めるようにしましょう。尿漏れの原因が分からない時には、病院検査を行ないましょう。4タイプの尿漏れのどれに当てはまるか把握出来ます。

詳しく見る